運行じょうず

『GPS運行じょうず』無線による指示もスムーズに行える

運行じょうずFTC通信位置データ送信は無線電波を利用するため、その後の指示ももちろん無線通話にて行えます。通常、運転中の携帯電話の使用は違法ですが、無線機は取り締まり対象外の為、走行中でも安心してご利用いただけます。

ご利用できる無線種類

機能紹介

GPS動態管理で業務効率アップ

事務所やりとり車両の現在位置を自動送信し、リアルタイムでパソコンに表示。走行車両は一定距離ごとに位置データの自動送信を行います。事務所側からのデータ読み込みもできるので、常に最新の位置情報が確認できます。

事務所とのやりとりもスムーズ

車両側マイク運転手側から今の自車の状態を事務所に知らせることができます。事務所側からは各車の状態を一覧にて確認でき、また配車指示等のやりとりは無線で行えます。

その日の走行ルートの履歴を表示

GPS運行じょうずの走行ルート車両別、日付別にてその日の走行履歴を表示させることができます。運転後の走行ルートの確認や的確な進路指示に役立ちます。

顧客登録で日報に反映

GPS運行じょうずの日報顧客名、住所、位置情報の登録をすることで、車両位置との照合や日報に利用できます。

詳細な地図データで位置も正確

GPS運行じょうずの地図データ表示情報の切替もできる高精度で信頼の置ける地図データを搭載しています。(株式会社昭文社「Mapple G-SDK」)
※オプションで、ゼンリン地図もご利用できます。

顧客管理によって日報も作成可能 (デジタルMCA版・スマートウェーブ版のみ)

運転手側から送信したデータをもとに日報を作成することができます。日付や号車を選ぶだけの簡単操作で、あらかじめ登録した顧客データをはじめ、詳細情報をいつでも瞬時に引き出せます。

車両別業務日報

GPS運行じょうずの車両別業務日報出発時間から到着時間、それによる所要時間や休憩時間など、ボタン操作の時間に応じた詳細な日報を作成します。

到着リスト一覧

GPS運行じょうずの到着リスト出発・到着配車、到着地の車両一覧にて作成します。

電話受付との連携でスムーズな配車(AVM運行じょうず)

GPS運行じょうずforタクシー電話受付機能を搭載することで着信元の名前と位置情報を画面上に瞬時に表示。『GPS運行じょうず』との連動で最寄の車両を割り出すことができ、的確な配車を行えます。

基本構成

GPS運行じょうず基本構成

基本仕様

■製品名
GPS運行じょうずスマートウェーブ版(FTS-5100)
GPS運行じょうず(FTM-4100)
GPS運行じょうずエコノミー(FTM-3100)
GPS運行じょうず forTaxi(FTM-3100)
GPS運行じょうず タイプF(FTF-201)
GPS運行じょうず タイプi(FTi-401)

■スペック

CPUCore i3 以上
対応OSWindows10
メモリ2.0GB以上
解像度WXGA以上(ワイドモニタ)
ドライブDVD-ROM
シリアルポートCTI利用時は必要
地図ソフト株式会社昭文社「スーパーマップルデジタル」
Ver17以降
帳票出力時マイクロソフトExcel
ネットワークLAN対応(別途ご相談となります)

カタログ(GPS運行じょうず)
カタログ(AVM運行じょうず タイプF)
カタログ(AVM運行じょうず タイプi)
カタログ(AVM運行じょうず タイプi<FTi-801>)

サンプル動画

GPS運行じょうず

お問い合わせ