ドライブレコーダー

事故などの衝撃を自動的に感知し前面のカメラにて状況を動画で記録。 事故の原因を把握するとともに再発防止や安全意識の向上に役立ちます。最近では常に映像を記録する「撮りっぱなし」にも対応する機種もあります。


機能紹介

簡易タイプ

カメラ一体型の小さなボディで、シガーライターソケットに接続するタイプもあります。車内映像も記録できる2カメラタイプもありタクシー業務などの接客業にも対応可能。

≫詳細を見る

高機能タイプ

運転時に起こる危険動作(速度超過・急加速・急ハンドル)などを検知し運転診断として日報に反映。きめ細かい運転指導に役立てられます。走行履歴なども確認できるので走行後の検証が可能です。

≫詳細を見る

データ通信タイプ

携帯電話通信網を利用し、位置情報はもとよりイベント録画のデータを送信します。事務所はクラウド上に上がったデータをネットで確認。カードを持ち帰りパソコンに接続する手間なく運転管理ができます。

≫詳細を見る


取扱メーカー

簡易タイプ
・デンソー 準備中
ユピテル
クラリオン
・トム通信工業 準備中

高機能タイプ
・デンソーソリューション

データ通信タイプ
・デンソーソリューション 準備中
・パイオニア 準備中
クラリオン
富士通